GROUP HOME ON CORNER LOT

角地の小さなグループホーム  東京都八王子市

住宅街の一角、日当たりの良い南東の角地に建つ知的障がい者のグループホーム。4人の女性入居者が暮らす。小さなグループホームを街に点在させ、連携して運営することで、入居者達が地域社会の一員として生活できるようにすることが計画の狙いである。地域に受け入れてもらいやすいよう高さを抑えた小さな建物は、全ての居室が複数の窓を持つ。外部に対して開くことのできる面の多さは、角地に建つ建物ならではの豊かさである。ふわりとかけられた傾斜屋根は、重力換気による爽やかな通風を確保しつつ、入居者が寛ぎ集まるための心地良い日陰をつくりだす。一般的な木構造に部分的に鉄骨梁を組み合わせることで、ローコストでありながらバリアフリー性能の高い大らかな空間となっている。前面の路地に面した大きな窓は、地域に開かれた場所でありたいという運営者の強い思いが現れたものである。

Group Home on Corner Lot    Hachioji, Tokyo

This is a group home for people with intellectual disabilities located on the sunny southeast corner of a residential area. Four female residents live here. The project is for disabilities to live as members of the community by operating small group homes interspersed in town. In the small low-rise building that is easy for the locals to accept, every room has multiple windows. The number of faces that can be opened to the outside is the richness of a building on a corner. The soft, sloping roof creates a pleasant shade for residents to relax while maintaining a fresh air flow by gravity ventilation. By combining steel beams with a general timber structure, it is a continuous space with low cost and high barrier-free performance. The large window facing the front alley shows the strong desire of the operator to be an open facility in the area.

構造:オンスタジオ構造設計事務所  施工:江中建設