GROUP HOME ON HILL PASS

峠のグループホーム  東京都八王子市

多摩丘陵の一角、野猿峠に沿った北側斜面に建つ知的障がい者のグループホーム。4人の入居者が世話人等の援助を受けながら生活します。建物は、福祉施設として前面道路からフラットにアクセスできることが必要とされたため、斜面に埋め込まれたように建っています。目線より少しだけ高い位置に設けた大きな窓が、街ゆく人々の視線を巧妙に遮ることで、常に開放的な雰囲気を、窓を挟んだ両側の世界につくりだしています。構造は、土圧を受けるコンクリート擁壁をそのまま立ち上げ外壁とし、木の梁を掛け木造の床を構築しました。コンクリートの床を最小とすることで施工の際の型枠支保工を減らし、かつヒートブリッジを抑えた熱環境性能の高い躯体とするための工夫です。2階個室にはベンチのような段差を設けて、床の仕上材を変え、入居者が愛着を感じられるように変化のある居場所としています。夜に床の段差から漏れる光は、上下階を緩やかに関係付け、1階の世話人に2階の入居者の生活リズムを知らせます。こうした建築のアイディアは、多くの類似施設の調査や運営者や世話人からのヒアリングを通じて、この建築のあるべき姿として練り上げられました。​

Group Home on Hill Pass     Hachioji, Tokyo

This is a group home of intellectually disabled people built on a hill pass.  Four people live here while receiving assistance from caretakers.  Due to satisfy the building standard as a welfare facility, the structure is embedded in the slope to keep flat access from the road.  The large window slightly higher than eye-level facing the north side clears the line of sight of the people who go around the city, creating a constantly open-minded atmosphere in both worlds across the window.  The retaining wall goes up to be the exterior wall, and timber beams frame floors.  By minimizing concrete floor slab, construction formwork support and thermal bridge are reduced.  On the second floor, a step like the bench is set in the private room, and the floor finish is changed so that the residents are easy to have affection.  The light leaking from the gap at night softly connects the upper to lower floor, and the caretaker on the first floor can see the life rhythm of the residents on the second floor.  These ideas were refined as the ideal form of this architecture through surveys of many similar facilities and interviews with caretakers.

構造:下久保亘/オンスタジオ構造設計事務所  

施工:森屋建設