PENCIL BUILDING PENTHOUSE

ペンシルビルのペントハウス  東京都渋谷区
東京都心に建つマンション最上階住戸のリノベーション。旧法の斜線制限に従って建てられた建物のペントハウスを、緩やかに連続した一室空間とすることで、その小ささを活かし、多くの窓に囲まれた心地の良い場所をつくり出している。都心にストックされた中古マンションの置かれた状況を、周辺の都市環境と等価に建築条件として読み解くことで、都市生活を満喫するためのリノベーションを目指した。こうした住戸は暑くて寒い。そこでまずスケルトン状態にまで内装を撤去した後に天井、壁、床に断熱を施し、快適に過ごせる熱環境を整えた。各室の仕切りは全て引戸。戸袋に引き込めば気積の大きい新鮮な空気が住戸全体に流れる。低い梁下は収納スペースとして構成。収納であれば住人が使い難さを感じることはない。柱がつくるデッドスペースは空調機スペースやダクトスペースとし、床の不陸を調整する束の隙間は空調チャンバーとして、空気式の床輻射冷暖房を施している。

Pencil Building Penthouse     Shibuya, Tokyo
This is a renovation of the top floor unit of an old apartment housing located in the center of Tokyo. By taking advantage of the small size of the penthouse of the building, it creates a consecutive single space having many windows. This renovation is intended to enjoy the urban life by understanding the situation of the old apartment as the context equivalent to the urban environment.  Since the old penthouse was too hot and too cold, after removing the existing interior, insulation was applied to the ceiling, the wall, and the floor. All the partitions in each room are sliding doors. Once the sliding door is pulled into the door closet, fresh air flows through the whole. The spaces under the beams were used as the storage. Other dead spaces are used as air conditioner spaces and duct spaces. The space under the floor works as an air conditioning chamber.

施工:男鹿建業